しばたくの気まぐれ blog

グレイヘアの65歳が毎日の朝食と日々の雑記を綴っていきます。

腰の曲がった俳優の海外ドラマは見ていて辛い  今日の朝ごはんはホタテバター焼き

皆様、おはようございます!

 

最近見ているNetflixの「コミンスキー・メソッド」。主演を演じているマイケル・ダグラスが見ていて痛々しいくらい腰が曲がっています。

ドラマの内容は老年期に入った二人が巻き込まれる日常のいろいろな事件を描いています。

 

しかし、いくら老年期の男が主人公といっても実年齢はマイケル・ダグラス1944年生まれの75歳、もう一人の主人公のアラン・アーキンは1934年生まれの85歳です。

ドラマを見る限り、マイケル・ダグラスは腰が曲がっているというよりは腰痛の人が痛くて腰をかばっているように見えますね。椅子から立ち上がるときは見てられないです。

 

かなり、腰痛がひどいんじゃないでしょうか?気になりますね。

腰痛で腰をかばっている俳優のドラマは見ていて辛いドラマです。

 

 

 

本日の朝ごはん

f:id:shibataku3:20191026102900j:plain

10月26日

 

ワンプレートおかず  ホタテのバター焼き・ ベーコン・肉団子・オクラおかか和え・生野菜・高野豆腐